鳩・カラスなど鳥への餌やりが迷惑!|やめさせる法律・条例ってないの?

隣人トラブル

お年寄りが公園や広場で、鳩やカラスにパンなどの餌をまき、鳩が集まっている光景を見かけることがあります。

この鳩やカラスへの餌やり行為により、迷惑をしている周辺住民の方も多いのではないでしょうか。

  • そもそも、鳩やカラスへの餌やり行為自体は違法なのか?
  • 法律や条例などで制限されていないのか?
  • 迷惑なので通報したい場合、警察や市役所は相談にのってくれるのか?

など、様々な疑問があると思います。

この記事では、鳩やカラスへの餌やり行為にまつわる法律問題について、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

鳩やカラスへの餌やりは違法?法律や条例はある?

1.法律|動物愛護法

動物の適切な取り扱いなどについて定めた法律として、「動物の愛護および管理に関する法律」という法律があります。

一般的には「動物愛護法」と呼ばれますので、この記事でも「動物愛護法」と呼びます。

動物愛護法第25条は次のように規定しています。

<第25条>
「都道府県知事は、動物の給餌に起因した騒音又は悪臭の発生、動物の毛の飛散、多数の昆虫の発生等によって周辺の生活環境が損なわれている事態が生じていると認めるときは、当該事態を生じさせている者に対し、必要な指導・勧告・命令をすることができる。」

上記、第25条により、鳩やカラスに餌やりをすることで、周辺の環境を悪くしている人がいれば、その人に対して、都道府県知事はその餌やりをやめるよう、「指導・勧告・命令」をすることができます。

ここにいう、「周辺の環境を悪くする」とは、餌によって悪臭を発生させた場合、鳩やカラスの羽などが飛散した場合、餌をまいたことで、鳩やカラスにとどまらず、アリなどの虫が大量に発生したような場合を指します。

注意が必要なのは、25条から分かるとおり、餌やりをやめるよう指導・勧告・命令をすることができるのは、あくまで「都道府県知事」であり、迷惑を被っている周辺住民ではないということです。

迷惑をしている場合に注意をすること自体は問題ありませんが、動物愛護法を根拠にできるわけではないことに注意をしておきましょう。

また、第25条に基づく「命令」に従わなかった場合には、50万円以下の罰金に処せられる可能性があります(第46条の2)。

条例はある?

自治体によっては、鳩やカラスへの餌やりについて、条例で規制している場合があります。
以下、実際に規制している条例を2つ紹介します。

富山市の「カラス被害防止条例」

富山市には、「カラス被害防止条例」があります。

この条例は、カラスへの餌やりにより発生する周辺の住民環境の被害を防止し、良好な生活環境を守ることを目的として、制定されました(第1条)。

条例は第2条(3)において、「給餌」を次のように定義しています。

<第2条(3)>
「自ら所有せず、かつ、占有しないカラスに餌を与えること(餌を目当てにカラスが集散することを認識しながら、カラスが食べることができる場所に餌を置き、又は放置する行為を含む。)を継続し、又は反復して行う行為をいう。」

そして、条例は第5条において、「市民等は、給餌によりカラス被害を生じさせてはならない。」と規定し、カラスへの餌やりを禁止しています。

仮に第5条に違反して、カラスへの餌やりをした場合には、勧告(第8条)、命令(第9条)、公表(第10条)をなされる可能性があり、命令に従わなかった場合には、「5万円以下の罰金」に処せられるおそれもあります(第12条)。

東京都世田谷区の「世田谷区環境美化等に関する条例」

東京都世田谷区には、「世田谷区環境美化等に関する条例」があります。
この条例第4条第3項は、次のように規定しています。

<第4条第3項>
「区民等は、周辺住民の良好な生活環境を確保するため、給餌による迷惑行為を行うことのないよう努めなければならない。」

この規定に基づいて、東京都世田谷区は鳩やカラスへの餌やりをしないよう、区民に努力義務を課しています。

もっとも、この条例は「努力義務」を課しているにとどまり、罰金などの罰則は定めていません。

また、東京都世田谷区は、鳩やカラスへの餌やりをやめるよう要請する理由として、次のように説明しています。

『まず、鳩やカラスに餌やりをすると、①鳩やカラスが人を恐れなくなり、住宅街に鳩やカラスが集まってしまう、②鳩やカラスは自然環境から餌を取らなくなり、人に依存して生きるようになってしまう、③人からもらう餌により、鳩やカラスの栄養状態はよくなり、年に何度も繁殖し異常に鳩やカラスの数が増えてしまう、という弊害をもたらします。

そして、鳩やカラスの数が増えると、鳩やカラスの鳴き声や羽音の騒音、ふん尿による悪臭や汚れ、羽毛の飛散、ごみ集積所の生ごみの散乱など、生活環境に被害をもたらす結果となります。

さらに、カラスは、小動物や野鳥の卵・ヒナなども捕食するため、生態系に大きな影響を与える原因にもなりかねます。』

この説明は、東京都世田谷区だけでなく、日本全国にあてはまる理由だと考えられます。
そのため、善意であっても鳩やカラスに餌をやることは許されません。

大阪市の条例改正

大阪市の住吉区では、約10年間にわたって特定のグループが毎朝、鳩やカラスに餌やりを継続していることから、これが原因で被害を受けている周辺住民は、鳩の餌やりについて規制を求める陳述書を、市に提出しました。

市は、これを受けて「大阪市廃棄物の減量推進及び適正処理並びに生活環境の清潔保持に関する条例」を改正し、鳩やカラス、その他の動物に餌を与えた者に対し、餌だけでなく、フンや尿、羽毛などの清掃等を行うことを義務付けることとしました。

また、市長はこれに違反することによって、生活環境を著しく阻害していると認められる者に対して、期限を定めて、必要な改善その他必要な措置を命ずることができるようになりました。

この市長の命令に違反した場合には、5万円以下の過料に処される可能性もあります。

この条例は、令和元年12月14日(過料については令和2年3月1日)に施行されており、最近になって制定されたものといえます。

自分の住んでいる自治体の条例を確認

条例は自治体によって内容が異なります。
鳩やカラスへの餌やりを禁止する条例を制定している自治体もあれば、まだ餌やりについて禁止する条例を制定していない自治体もあります。

また、富山市のように餌やり行為の禁止命令に違反した場合に、罰則を定めている自治体もあれば、東京都世田谷区のように罰則は定めていない自治体もあります。この定める罰金の金額も、自治体によって異なります。

そして、大阪市のように、今の条例では禁止や命令等ができない場合には、住民が意見を提出することで、条例が改正されたり、新たに条例が制定されることもあります。
そのため、条例が制定されていない自治体にお住まいで、鳩やカラスの餌やりによって被害を被っている場合には、市に相談をして、条例の見直しを検討してもらうのも、いいかもしれません。

スポンサーリンク

マンションの敷地内や団地の敷地内での餌やりも違法になる?

公園や広場だけでなく、マンションの敷地内や団地の敷地内においても、鳩やカラスへの餌やり行為は、法律・条例に違反する可能性があります。

法律や条例は、鳩やカラスへの餌やりをすることによって、「周辺の生活環境を悪化させること」を防止しています。そのため、マンションの敷地内や団地の敷地内であっても、餌やり行為によって周辺の生活環境を悪化させている場合には、法律や条例に違反し、違法になる可能性があります。

スポンサーリンク

餌やりをしている人に対して、損害賠償を請求することはできる?

鳩やカラスへの餌やりが原因で損害を被った場合には、その餌やりをしている人に対して、餌やりの差止め請求に加え、損害賠償を請求することができる場合があります。

以下、実際に餌やりをしている人に対して損害賠償請求が認められた裁判例を2つ紹介します。

1.大阪地方裁判所 平成22年3月12日判決

<事案>
Y(被告)は、自宅前で毎日鳩の餌やりを続けていました。このYによる餌やりが原因で、向かいに住むX(原告)の家の屋根にも鳩がとまるようになりました。
これにより、Xの家の屋根は大量の鳩のフンで劣化してしまい、洗濯物も干すことができない状態となりました。

XはYに対して、何度も鳩の餌やりをやめるよう求めたのに、Yは執拗に鳩の餌やりを続け、やめようとはしませんでした。

そこで、XはYに対して、鳩の餌やりの差止め請求と、345万円の損害賠償請求をしました。

<判決>
裁判所はYに対し、Xの自宅周囲30メートル以内での鳩の餌やり行為を禁止することを命じました。

そのうえで裁判所はYに対し、X宅の屋根の修理代金や、Xの被った精神的苦痛による慰謝料請求として、合計216万円の損害賠償の支払いを命じました。

2.東京地方裁判所 平成7年11月21日判決

<事案>
東京都内のマンションの一室に住むY家族(被告)は、数年間にわたり、ベランダ、室内等において鳩を無断で飼い、餌やりを継続していました。
Y家族が餌やりをしている鳩は、常時50羽を超えており、時には100羽以上の鳩が飛来することもありました。

Y家族は、ベランダの窓を開放して、室内でも鳩を飼っていたため、大量の数の鳩が、糞や羽毛を隣の部屋だけでなく、上・下の階の部屋のベランダにもまき散らしていました。
これによりマンションに住む住民たちはベランダに洗濯物を干すことができなくなり、また鳩のフンにより悪臭が放ち、ダニが発生するなどの被害が生じている状況でした。

マンションの管理組合理事長は、建物区分所有法第60第1項に基づき、Y家族に退去を求め、何度も警告文を渡して鳩の餌やりをやめるよう注意しましたが、Y家族は聞く耳を一切持ちませんでした。

そのため、マンションはついに価値の低下にも及びました。

そこでマンションの管理組合は、Y家族に対し、契約の解除に加え、損害賠償請求を求めました。

<判決>

裁判所は、Y家族とのマンション賃貸借契約の解除を認めました。

そのうえで裁判所はY家族に対し、鳩のフンによる汚損洗浄工事の費用などの損害賠償として、200万円の支払いを命じました。

スポンサーリンク

餌やりが迷惑な場合、どこに相談すればいい?

餌やりをやめるよう、直接要求するのは避けるのが無難

鳩やカラスへ餌やりをしている人に、餌やりをやめるよう直接注意すること自体は問題ないのですが、餌やりを注意されたことに腹を立てて、暴行事件へと発展したケースが実際にあります。

そのため、直接注意するのはなるべく避けるのが無難です。

また、餌やりが違法となるのは「周辺の生活環境を悪化した場合」ですので、パンの食べカスを少しだけ餌として鳩やカラスにあげている場合にまでうるさく注意をすると、トラブルに発展する可能性があります。

自治体に相談をする

鳩やカラスへの餌やり行為によって、被害を被っている場合には、お住いの自治体に相談をしましょう。

自治体によりますが、「生活環境」を担当する部署が相談窓口になる場合が多いです。

餌やり行為についての条例がある自治体の場合は、餌やりをしている人に対して、餌やりをやめるよう、指導・勧告・命令など適切な対応を行ってくれる可能性があります。

条例がなくても、何らかの対応をとってくれる可能性がありますし、条例の制定又は改正を検討する場合もあります。

弁護士に相談をする

鳩やカラスへの餌やりが原因で、自宅などに重大な被害が生じている場合には、弁護士など法律の専門家に相談をしましょう。

裁判例のように、鳩のフンで家の屋根が劣化した場合や、洗濯物を干すことができない状況になっている場合には、餌やりの差止め請求だけでなく、損害賠償請求をすることも考えられます。

スポンサーリンク

まとめ

鳩やカラスへの餌やりは、善意で行っていることが多いと思いますが、餌やりによって周辺の生活環境を悪化させた場合には、法律や条例に違反し、違法となります。

実際に餌やりをした人に対して、損害賠償請求が認められたケースもあります。

そのため、餌やりが原因で損害を被った場合には、市役所だけでなく、弁護士など法律の専門家に相談をして、損害賠償請求や餌やりの差止め請求をしてみてもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました