刑事事件

刑事事件

未成年者が勝手にアルコールを購入・飲酒!一緒にいたら逮捕されるの?

未成年の芸能人が飲酒して話題になったり、飲酒した未成年者と同席していた芸能人が非難を受けたりするニュースをたまに見ます。 対象になった芸能人は活動を自粛することがありますが、よく考えてみたら逮捕された話は聞いたことがありません。 そこで...
刑事事件

結婚前提の交際でも逮捕される?未成年との交際や性行為が違法となるケース

結婚は男子18歳、女子16歳を過ぎていれば可能です。 しかし、成年者が未成年者と淫行して逮捕されるケースが跡を絶ちません。 未成年で結婚できるのに、未成年者と性行為をすると逮捕される――この現状を理不尽に思う人は多いと思います。 ...
刑事事件

未成年との性行為は恋愛でもダメ?

基本的には恋愛関係なら問題なし! 例えば、現在のところ女性は法律上「16歳にならなければ、婚姻をすることができない」(民法731条)とされています。 ということは、少なくとも婚姻関係にあれば16歳になれば性行為も認められると言うことはは...
刑事事件

交通事故の人身事故と刑事事件の関係|加害者に弁護士は何故必要か?

人身事故は車両対車両が衝突して怪我をし警察に届けでを出した際に人身事故となります。それ以外にも車両と人が衝突した際、双方、若しくはどちらかに怪我をおわせてしまったりすれば人身事故となります。 人身事故となれば刑事事件として扱われ、行政...
2019.09.12
刑事事件

横領罪での弁護士が行う弁護活動の内容とは

横領と刑事事件 刑事事件として立件されるケースで多いのは横領罪です。 経営者が会社の資金の一部を私的に流用したり、ある程度の規模の会社であれば会計担当者が帳簿を不正に操作して会社の資金を個人的に使い込むようなケースなどが該当します。...
2019.06.30
刑事事件

万引きで逮捕された!弁護士依頼で不起訴にするには示談が重要

万引きで逮捕されてしまった場合、弁護士に依頼をしてどのように不起訴を勝ち取っていくには、いくつかやらなければならない事があります。 万引きが不起訴になる可能性 嘆願書 起訴されるかされないかはとても大切です。もし起訴されてしまうと日本...
2019.06.30
刑事事件

傷害事件を起こした場合に弁護士に依頼するメリット及び刑事事件への影響

傷害事件とは? 傷害事件とは、刑法第204条以下に規定されている傷害罪の構成要件に該当すると思われる行為をおこなった場合のことをいいます。 具体的には人を暴行して結果として、擦過傷などの傷を負わしてしまった場合のほかに精神的に追い込...
2019.06.30
刑事事件

児童ポルノの単純所持で逮捕!人知れず解決するなら弁護士相談

【この記事を読んでわかる事】 児童ポルノの単純所持でも逮捕される(平成26年児童ポルノ禁止法改正により) 警察に自首し反省を示せば事態は大きくならない。自首に同行する弁護士もいる 児童ポルノの単純所持だけならば...
2019.06.30
刑事事件

淫行で逮捕された!弁護士相談

「淫行」で逮捕されるというケースは、「18未満」の青少年との、「みだらな性行為」の罪に問われている事です。 「わいせつ」や「売春」と似ていますが、「わいせつ」は性欲を満たすために性器をさらす行為の意味合いが強く、「売春」は未成年者との...
2019.06.30
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました