少年事件

旭川いじめ事件でよく聞く第三者委員会とは?メリットと問題点

旭川いじめ事件では、現在、第三者委員会を設置して、事実調査が行われています。 この第三者委員会とは、どのような組織なのでしょうか? また、第三者委員会が調査を行うことで、被害者の遺族には、どのようなメリットがあるのでしょうか? ...
交通事故

池袋暴走事故の判決解説

2021(令和3)年9月2日、東京地方裁判所は、2019(平成31)年4月19日に発生した、いわゆる「池袋暴走事故」の飯塚幸三被告人に対し、禁錮5年の判決を言い渡しました。その後の報道(※1)によると、同被告人・検察の双方とも、控訴期限の同...
2021.11.29
身近な法律問題

野生のカラスや鳩への餌やりは、動物愛護法25条1項の対象外!?

上にみた動物愛護法25条1項の「動物」は、純粋な野生状態下の動物を除くものであり、人が飼っていない鳩やカラスへの餌やりは規制対象外だという見解があります。仮に、これをA説としましょう。 A説によれば、街角や公園の鳩やカラスに餌をあげる...
少年事件

旭川いじめ事件|遺族が担任教師・学校に責任をとらせるには?

中学2年生の女生徒が自殺した、「旭川いじめ事件」。報道によれば、被害者と母親は複数回にわたり、いじめ被害を担任教師に相談したとされています。 ところが担任教師を含む学校側は、いじめ行為の存在そのものを否定し、何ら有効な対策を講じないま...
2021.11.29
少年事件

旭川いじめ事件|遺族が加害者生徒に責任をとらせるには?

中学2年生の命が失われた「旭川いじめ事件」。しかし、加害者と報道される生徒らは、いまだに何らの責任も問われていません。 もしも、本当に加害者であった場合、彼らに責任をとらせるために、被害者の遺族には何ができるでしょうか? 刑事訴訟 ...
2021.11.29
少年事件

旭川いじめ事件における「少年事件」解説

文春が報じて広く知られるに至った、いわゆる「旭川いじめ事件」では、いじめを行ったとされている加害者たちには、未だに何らの刑事処分も下されていません。 女子中学生の尊い命が失われた事件でありながら、誰も刑罰を科されていないとはどういうこ...
2021.11.29
基礎知識

WEBコンテンツと著作権

WEBコンテンツを作成する際には、文章や画像などの著作権を気にすることが多くありますので、個人的に調査してまとめてみました。 あくまでも個人的なまとめですので、間違いがあってもご容赦ください。 保護する対象 著作物 著作権法上の主な...
身近な法律問題

判例から見る肖像権の権利性とパブリシティ権

ふとしたときに話題になる肖像権、個人的にはその定義や権利性について、通説的理解には疑問が残ります。 例えば、ネットで検索すると、肖像権は「自分の容ぼうをみだりに撮影・公開されない権利」などと書かれています。京都府学連事件や毒物混入カレー事...
刑事事件

無銭飲食・食い逃げ|1項/2項詐欺と利益窃盗

食い逃げや無銭飲食は普通に考えれば犯罪です。しかし、どんな犯罪なのかを考えてみたことはあるでしょうか。 難しい話には立ち入らず、場合分けしてどのような罪になるかを考えてみましょう。 レベル的には法学部生の簡易復習用程度のつもりです。 ...
身近な法律問題

香川県スマホ・ゲーム依存対策条例の問題点

香川県議会で検討されているゲームやネット依存症対策に関する条例の素案が話題になってますね。 様々な観点から考えることができると思いますし、個人的にはこれほど理解に苦しむ条例もなかなかありません。今回は、噂に流されるのではなく、条例素案の内...
タイトルとURLをコピーしました