少年事件

少年法と刑法とでは刑罰に違いがあるの?刑法41条の壁は!?

少年による凶悪犯罪が多発しています。加害者だけでなく、被害者も少年や小さな子供の場合があり、子を持つ親としてはやり切れない思いがします。殺人事件で子供さんを亡くした犯罪被害者のご遺族にとって、加害者が少年だろうが成人だろうが、ちゃんと罪を償...
少年事件

少年法61条で実名報道を防げるか?ネット私刑とプライバシー

少年法61条の規定が少年加害者の実名報道を禁止しています。 一部週刊誌などが加害少年の実名・顔写真を掲載したものの、おおむねテレビなどのメディアでは未成年者の実名は公表されていません。 しかし、インターネットの普及により、少年法...
少年事件

少年事件と弁護人選任届

刑事事件を起こしてしまった場合、被疑者は通常、弁護士を弁護人として選任する必要があります。 刑事事件弁護士に依頼する理由 刑事事件弁護士は、元検事である弁護士が所属しているため、刑事事件の流れや先を見通す力、検察との交渉に強いです。よっ...
スポンサーリンク
少年事件

刑事事件・少年事件に強い弁護士とは

弁護士は一つの弁護士事務所で、離婚や相続などの民事裁判における弁護や交通事故や事件などの刑事裁判の弁護、会社法務などを担当しています。例えば医者ならば、同じ内科医でも、循環器、呼吸器、消化器というようにより細かく専門的に分かれていますが、弁...
少年事件

少年事件の観護措置とは

観護措置とは 少年事件が発生した場合、家庭裁判所の権限で観護措置と言われている措置が取られる場合があります。その種類は大きく分けて2種類あります。 一番よく採用されているのが、収容観護と言われている方法です。こちらの方法は少年を法務...
少年事件

少年事件の少年付添人とは

少年事件特有のしくみ 満20歳未満の少年が事件を起こした場合は、刑事事件で成人が受けることになる刑罰や処罰と違い主な目的は更生です。少年事件は、年齢ごとにさらに区分されています。 少年事件の特徴は、成人が受ける刑事事件のように罰則を...
少年事件

少年事件の意見書の書き方

意見書とは 少年事件の場合、逮捕された後には警察署の拘留施設や鑑別所に拘束されて、その後は家庭裁判所に装置されます。鑑別所に拘束されている間は心の安定を図りながら身体を拘束されることになり、それぞれの様子を見守るための大事な期間とされてい...
少年事件

少年事件と家庭裁判所

少年事件の三つの種類 家庭裁判所が担当する少年事件は大きく3つに分けられます。最も広く知られているのは、14歳から20歳未満の未成年に関する事件です。次は法令に抵触しているけどその時点では14歳未満であるため、犯罪を犯した扱いにならない事...
少年事件

少年事件の全件送致主義とは

全件送致主義とは? 一般的に成人が犯罪を犯してしまった場合、その犯罪の大きさや被害者との示談の成立具合、もしくは加害者のこれまでの様々な経歴等により、不起訴にすると言う事も少なくありません。 これは加害者が今後の社会生活を営む上で十...
少年事件

少年犯罪でも、成人と同じように賠償請求できるのか?

少年犯罪の報道を見ていると、ふと疑問に思うことがあります。成人であれば、罪を犯せば民事で損害賠償請求をすることができます。しかし、加害者が未成年であった場合、はどうなのでしょうか。 少年は仕事をしていないので経済力はありません。少年院...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました