ネット誹謗中傷

画像をリツイートすると著作者人格権侵害で違法?

2020年7月21日、最高裁でリツイートの著作権侵害と発信者情報開示についての判決が出されました。 今回は、最高裁判決と林裁判官の反対意見を中心に、Twitterでリツイートをする際に考えることを検討してみましょう。 最判令和2年7...
ネット誹謗中傷

ネットに残った逮捕歴を削除する方法は?法律上の対処法を解説

過去の逮捕がニュースなどで報道された場合、その事実がいつまでたってもインターネット上に残ってしまうことがよくあります。 インターネット上に逮捕歴に関する記事などが残っていると、すでに反省・更生していたり、嫌疑不十分で釈放になったりした...
交通事故

追突事故で慰謝料をもらうときのポイント・注意点・相場はいくら?

軽い追突事故は、誰でも被害者になる可能性がある事故類型です。 なぜなら、自動車を運転するときにどれだけ注意をしていたとしても、突然後続車両が衝突するという追突事故を避けることができないからです。 このように軽い追突事故に遭ったと...
身近な法律問題

ぼったくりバーと法律|警察は動かない?逃げちゃダメ?対処法は?

ペアーズなどのマッチングアプリで知り合った女性に連れられて、あるバーに行ってみると、カクテルを1杯しか飲んでいないのに、数万円、数十万円もの高額を請求してくる「ぼったくりバー」。 このようなぼったくりバーを規制する法律や条例は...
ネット誹謗中傷

肖像権侵害!SNSで自分の写真を勝手に公開された場合の対処法は?

友人や会社の同僚などと撮影した写真を、勝手にSNSにアップする行為は、ネット上のマナー違反の一例といえるでしょう。 SNS上に勝手に自分の写真を投稿された場合、マナー違反にとどまらず、本人にとって実害が生じてしまうこともあります。 ...
交通事故

交通事故通院1日でも慰謝料をもらえる?軽症・通院日数が少ない場合

交通事故の被害に遭った場合、加害者側に対して賠償を請求できる損害項目・示談金の中に「通院慰謝料」というものがあります。 たとえ短期間であったとしても、通院により治療を行った事実があれば、通院慰謝料を受け取れる可能性があります。 ...
2021.02.12
交通事故

交通事故によるむちうちの慰謝料を計算|通院3ヶ月・6ヶ月の場合

交通事故に遭った場合、身体に強い衝撃が加わり「むちうち(頚椎捻挫)」になってしまうケースが、主婦・学生・社会人に限らず、よく見られます。 むちうちは比較的軽傷の部類と思われがちですが、治療が長引いたり、後遺障害が残ったりするケースもあ...
刑事事件

よく分かる!刑事事件弁護士のまとめ

刑事事件と弁護士のポイント 刑事事件は72時間で勾留判断されるので、釈放にはスピード対応できる刑事事件専門弁護士が必要 勾留手続きは、原則として10日間(会社解雇の可能性が高まる)ので注意が必要 被害者と示談す...
身近な法律問題

転売と法律|高額転売は違法?チケット販売は犯罪?

新型コロナウイルスの影響で、一時期新品のマスクが品薄状態となり、メルカリなどのフリマアプリでのマスクの高額転売が問題となりました。 そもそも、転売は誰でも免許なしにしても犯罪にはならないのでしょうか?悪いことではないのでしょうか?。 ...
身近な法律問題

ゴミの不法投棄がバレたら|警察に逮捕される?罰金は高額なの?

テレビなどの粗大ゴミ・家庭ゴミの処分には、費用や手間がかかるため、つい出来心から「粗大ゴミを道の脇に捨ててしまった!放置した!」なんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そもそも、テレビなどの粗大ゴミを道の脇に捨てる行為...
タイトルとURLをコピーしました