弁護士情報局

刑事事件

結婚前提の交際でも逮捕される?未成年との交際や性行為が違法となるケース

結婚は男子18歳、女子16歳を過ぎていれば可能です。 しかし、成年者が未成年者と淫行して逮捕されるケースが跡を絶ちません。 未成年で結婚できるのに、未成年者と性行為をすると逮捕される――この現状を理不尽に思う人は多いと思います。 ...
刑事事件

未成年者が勝手にアルコールを購入・飲酒!一緒にいたら逮捕されるの?

未成年の芸能人が飲酒して話題になったり、飲酒した未成年者と同席していた芸能人が非難を受けたりするニュースをたまに見ます。 対象になった芸能人は活動を自粛することがありますが、よく考えてみたら逮捕された話は聞いたことがありません。 そこで...
刑事事件

未成年との性行為は恋愛でもダメ?

基本的には恋愛関係なら問題なし! 例えば、現在のところ女性は法律上「16歳にならなければ、婚姻をすることができない」(民法731条)とされています。 ということは、少なくとも婚姻関係にあれば16歳になれば性行為も認められると言うことはは...
スポンサーリンク
少年事件

未成年飲酒は飲食店に責任があるのでしょうか?

大学生の新歓コンパの時期などは、必ずしも成年に達していない男女が、居酒屋等で飲酒している様子を見かけます。たしか、未成年は、飲酒は法律で禁止されていましたよね。 でも、お店が未成年にお酒などアルコールを提供した場合、お店に責任があるの...
少年事件

少年事件と弁護人選任届

刑事事件を起こしてしまった場合、被疑者は通常、弁護士を弁護人として選任する必要があります。 刑事事件弁護士に依頼する理由 刑事事件弁護士は、元検事である弁護士が所属しているため、刑事事件の流れや先を見通す力、検察との交渉に強いです。よっ...
少年事件

刑事事件・少年事件に強い弁護士とは

弁護士は一つの弁護士事務所で、離婚や相続などの民事裁判における弁護や交通事故や事件などの刑事裁判の弁護、会社法務などを担当しています。例えば医者ならば、同じ内科医でも、循環器、呼吸器、消化器というようにより細かく専門的に分かれていますが、弁...
少年事件

少年事件の観護措置とは

観護措置とは 少年事件が発生した場合、家庭裁判所の権限で観護措置と言われている措置が取られる場合があります。その種類は大きく分けて2種類あります。 一番よく採用されているのが、収容観護と言われている方法です。こちらの方法は少年を法務...
少年事件

少年事件の少年付添人とは

少年事件特有のしくみ 満20歳未満の少年が事件を起こした場合は、刑事事件で成人が受けることになる刑罰や処罰と違い主な目的は更生です。少年事件は、年齢ごとにさらに区分されています。 少年事件の特徴は、成人が受ける刑事事件のように罰則を...
少年事件

少年事件の意見書の書き方

意見書とは 少年事件の場合、逮捕された後には警察署の拘留施設や鑑別所に拘束されて、その後は家庭裁判所に装置されます。鑑別所に拘束されている間は心の安定を図りながら身体を拘束されることになり、それぞれの様子を見守るための大事な期間とされてい...
少年事件

少年事件と家庭裁判所

少年事件の三つの種類 家庭裁判所が担当する少年事件は大きく3つに分けられます。最も広く知られているのは、14歳から20歳未満の未成年に関する事件です。次は法令に抵触しているけどその時点では14歳未満であるため、犯罪を犯した扱いにならない事...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました