痴漢で逮捕されても不起訴になれば前科はつかない?

勘違いをしている人が多いのですが、逮捕されることが前科持ちになるというわけではないと聞いたことがあります。本当にそうなのでしょうか?解説します。

不起訴

逮捕=前科ではない!

確かに逮捕されるのは一般の人にとって重大事件になりますが、逮捕されてもそれがそのまま犯罪者になって前科がつくというわけではないということは知っておくとよいでしょう。

通常は逮捕されてある程度罪が確定的になると検察に送致されます。そこからは警察ではなく検察が起訴をするか不起訴にするか決めていきます。そして基礎になってしまった場合には、裁判所で裁判を受けることになり、裁判で有罪が確定して初めて前科がつくのです。

罪が確定するまでは、日本では推定無罪とするという原則がありますので、厳密には犯罪者ではなく罪を犯した可能性がある人ということになります。

前科=裁判で有罪が確定した時

ですから前科がつくときは、逮捕された時でもなく、起訴された時ではなく裁判で罪が確定した時ということになるわけです。

しかし現状で日本では、起訴をされると99%は有罪になるといわれています。裁判になってから無罪を主張してもほぼ認められないというのが正直なところです。

痴漢犯罪での示談の重要性

特に痴漢犯罪の場合は、逮捕されてしまうとなかなか無罪を証明することができない事件といえます。たとえなんとか無罪を証明することができて不起訴になったとしても、社会的信用を失ってしまったり、失った信用を取り戻すのは非常に難しいといえます。

冤罪で無罪だとしても、痴漢で捕まったという事実があるだけで会社を辞めなければならなくなったり、家族との関係がぎくしゃくしてしまうといった可能性があります。

ですから痴漢に間違われてしまった場合には、不起訴になること以上に逮捕されないといったことが重要になります。

だからといって逃走してしまうことも問題です。ましてや逃げ出して線路などに下りてしまうようなことをしてしまうと、痴漢の犯人としてではなく、別の犯罪事件として逮捕されてしまう可能性があります。

特に線路に侵入するといった行為は鉄道営業法違反として立派な犯罪ですし、刑罰があるばかりか列車の運行に影響が出てしまった時には、莫大な損害賠償金を請求されてしまう可能性もあります。また列車に惹かれてしまうなどの命の危険もあるので絶対にやめましょう。

痴漢に間違われてしまった時には、駅員室などに行ってしまうのも逮捕につながる原因になります。

まずはその場で痴漢を行っていないということをしっかりと主張することが重要になります。無罪であることを主張して、自分の身分や連絡先を提示して、その場は立ち去るようにするとよいでしょう。

もちろんその後警察の事情聴取などがあればきちんと対応することも説明しておくことが大切になります。

さらに不要なトラブルに発展しないように、当事者同士で示談などを行うことはせずに弁護士に相談するとよいでしょう。弁護士に示談交渉してもらうことで、不起訴となり結果的に、前科がつかないことになるのです。