2017年08月一覧

刑事事件を起こしてしまった!裁判までの流れとは

刑事事件を起こしてしまった。これからいったいどうなるのか、不安でたまらないでしょう。裁判になるまでの、おおよその流れだけでも知っておけば、少しは落ち着くかもしれません。 刑事事件で逮捕されたら、どうなるの? 逮捕されるか否かで、裁判までのあなたの扱いは大きく変わります。ここでは、一般的な、警...

刑事事件の弁護士を選ぶときの弁護士費用は高ければ高いほどいいの?

刑事事件の弁護をお願いするときに、弁護士によって弁護士報酬の金額が大きく違うことがあります。高い先生の方が有能なのでは?一生懸命やってくれるのでは?伯父に聞いてみました。 刑事事件の弁護士費用は高ければ高いほうが良い・・例外あり 意外なことに、「刑事事件の弁護費用は、高ければ高いほど良い。た...

刑事事件と民事事件の違いとは

刑事事件と民事事件はどこがどう違う? テレビや新聞のほか、日常的な会話の中にも「刑事事件」、「民事事件」という言葉はよく登場します。なじみのある言葉ですが、事件の当事者や争われる内容はまったく異なります。実はその違いをはっきりとは説明できない、という方も多いではないでしょうか。 そこで、民事...

示談で弁護士ではない知人を代理人にする事はできるか?

弁護士でなくても、刑事事件の示談交渉はできるか? 最近、弁護士が主役の犯罪ドラマが多いです。物語の中で、弁護士が、犯罪の被害者と示談の交渉をしているシーンがよく見られます。これは弁護士でなければいけないのでしょうか?弁護士でない人が加害者の代理人になれるのでしょうか?いつものように、法律に詳しい伯...

刑事事件の弁護士を私選弁護士から国選弁護士に変更する事は可能か

自分で弁護士に依頼して、弁護費用を支払って、刑事事件の弁護人となってもらったけれど、どうも波長があわない、こちらの言うことをあまり熱心に聞いてくれない。このままでは、裁判で不利にならないか心配なので、弁護士を変えたいが、もうお金がないから、私選の弁護士は雇えない。私選の弁護人がいても、国選弁護人をつ...

刑事事件での弁護士の役割とは?やってくれる事・やってくれない事

刑事事件の弁護人となる弁護士は、どんな事をしてくれるのでしょうか。また、頼んでもやってくれない事もあるのでしょうか。 刑事事件の被疑者、被告人との面会 刑事事件における弁護士の役割のうち、第一に重要なのが、身柄を拘束された被疑者、被告人との面会です。 特に捜査の初期段階は重要です。逮捕から...

資産があっても国選弁護人をつけることはできる?

国選弁護制度は、お金がない人のためだけの制度ではない! 国選弁護人は、お金がない人が、国費で弁護士をつけてもらう制度だと思っていませんか?違うのです。法曹界に詳しい伯父から聞いたところ、資産がある人でも、国選弁護人に弁護してもらうことができるというのです。 資産の有無で国選弁護人の選任手続が...