刑事事件の弁護士費用の相場は

弁護士見積書

刑事事件の弁護士費用は高め

時間との勝負になる刑事事件の弁護士は、検察の起訴までに色々な手続きや示談交渉を済ませて、不起訴にさせる方向で行動します。

したがって、弁護士費用の相場は民事事件より高めで、正式に委任契約を結んだ時点で支払う着手金の約40万円と、成功報酬の同じく40万円ぐらいの合計80万円となっています。

初回の法律相談は無料である法律事務所が多く、本人がすでに拘束されている場合は親族などの親しい関係者がすぐに助けを求めて、具体的な見積もりを出してもらいましょう。裁判所までの交通費などの経費についても別途請求されるのが一般的だから、法律相談をした時に率直に聞いておくべきです。

事件の難易度によって相場は変わる

刑事事件では状況によって解決までの難易度が大きく変わるので、早期に弁護士に依頼することで費用を節約しましょう。

相場としては、在宅で警察署に呼び出された場合の取調べで、罪を認めている自白事件が一番安く、条例違反の事件ではよりリーズナブルな料金になる法律事務所もあります。

警察に身柄を拘束される一般的な刑事事件では、検察の起訴の前後で全く事情が違ってくるので、起訴される前の捜査中の段階で依頼するよりも、起訴された後の方が相場として高額です。

すでに裁判に入るケースでは、事件を完全に否認している状況で着手金50万円以上、執行猶予で成功報酬50万円以上となります。

複雑に入り組んでいて、正確に把握するまでに手間がかかる刑事事件や、証拠があまりない状況で事件そのものを否定して無罪を勝ち取ることを狙う場合は、着手金と成功報酬が大きくなります。

法律事務所の料金表を参考に

依頼したい法律事務所が提示している料金表を参考にしつつ、できるだけ早急に電話によって相談して、具体的な費用を教えてもらいましょう。相場からあまりに離れている法律事務所は避けた方が賢明だから、いくら急いでいても事前に見積もりを出さないところや、明らかに高すぎる金額を言ってくるところは候補から外しておくべきです。

費用が安い事務所がよいのか?

法律のプロを1つの刑事事件に集中させることは、とてもお金がかかることであり、相場より異常に安い法律事務所も信用に値しません。どれだけ簡単な案件であっても、24時間いつでも即応して、警察署への同行などを最優先で行うのだから、着手金と成功報酬でそれぞれ40万円ぐらい請求するのが普通です。

プロとして責任を持って仕事をしている弁護士が、本来なら依頼人に請求するべき弁護士費用をカットすることはありません。依頼人を全力で救う対価として、それに使用した経費を含めて必ず計上します。逆に言えば、極端に安い法律事務所では、まともな活動を行っていない疑いすらあります。

トータルコストで考える

自分の経歴と社会的信用を守ることが第一であり、弁護士費用は必要な分だけ支払うのが鉄則です。特に、警察署から呼び出しがかかっている、拘置所にいて自分では動けない場合では、法律の専門家に助けてもらうかどうかで、今後の人生が大きく変わります。一般的な相場を調べつつも、できるだけ腕が良い法律事務所を探して、すぐに契約しましょう。

刑事事件に強い弁護士の探し方は、「刑事事件に強い弁護士の選び方、探し方」に詳しく書いてあります。