刑事事件の弁護士を選ぶときの弁護士費用は高ければ高いほどいいの?

刑事事件の弁護をお願いするときに、弁護士によって弁護士報酬の金額が大きく違うことがあります。高い先生の方が有能なのでは?一生懸命やってくれるのでは?弁護士の伯父に聞いてみました。

刑事事件の弁護士費用は高ければ高いほうが良い・・例外あり

意外なことに、「刑事事件の弁護費用は、高ければ高いほど良い。ただし、当然に例外もある。」という意見でした。その理由は?

まず、弁護士も時間を売る商売であること。もちろん、弁護士は、法律の知識、法的判断力、裁判実務の経験が売り物ですが、一番の商品は、その弁護士自身の時間です。事務所経営には、事務員らの人件費、事務所の家賃、OA機器のリース代、弁護士会費、弁護士保険料、法律書籍代(これが馬鹿にならない!)といった固定経費がかかります。稼がなくてはならない金額は、毎月決まっています。時間あたり単価の安い依頼者の刑事事件に多くの時間は割けません

次に、弁護士も同じ人間です。着手金が高いほど、また、その刑事事件で執行猶予判決や無罪判決をとることに成功した場合の報酬金が高いほど、やる気が湧きます

また、刑事事件の弁護費用が高いのに、依頼者が尽きない先生には、相応の実績があります。弁護士にとって、一番の集客方法は、依頼者の口コミです。依頼者が、あの先生にまかせて良かったからと、次の依頼者を紹介してくれます。刑事事件の弁護費用が高くとも、口コミの連鎖が途切れないのは、期待に応え続けているからです。

刑事事件の弁護士費用が高いことが良くない例もある

ただし、世の中には、なんでも例外があります。

第一に、誰が弁護をしても同じ結論になるのに、金額がやたら高い弁護士がいます。例えば、大麻所持、自己使用目的、微量、自白あり、反省あり、前科なし、家族あり、定職あり、職場復帰可能、家族や上司が情状証人予定、こんなケースは、100%執行猶予判決です。弁護人によって結論が動くことはありません。国選弁護で十分ですが(その場合、被告人の負担額は8~9万円程度)、私選弁護でも、相場は、着手金20~30万円、報酬金も20万円~30万円。安い先生なら、結果がわかっているからと、着金と報酬金込みで、30万円程度でも受任してくれるでしょう。

ところが、過去には、このようなケースで、着手金と報酬金合計で300万円を請求した弁護士がいたと言います。もちろん、弁護士費用は、オープン価格ですから、それが違法ではありませんし、きちんと弁護活動をしてくれれば、問題ないとも言えます。しかし、高いにも程度があります。はっきり言って、お金が無駄です。

第二に、売れていない弁護士だから高いという最悪のケースがあります。いい加減な事件処理ばかりしているため、リピーターがなく、依頼が少ないので経済的に苦しいため、たまに来た依頼に対して、つい高額な弁護料をふっかけて埋め合わせをしようとする場合です。これは地雷のようなものです。

よく研究して、慎重に弁護士を選ぶべき

結局、弁護士費用が高ければ、必ず良いというわけではないのです。刑事弁護士の費用には相場があります。今日では、ネットで調べれば、おおよその相場はわかるはずです。

相場より高い先生は、高いなりの理由があるはずです。刑事事件弁護の経験と実績が豊富であり、受任した即日から、弁護活動を開始できる、その事件のために、他のスケジュールを押しのけてでも、時間を割いてくれる、複数の弁護士体制で動いてくれるなど、高額な理由があり、納得できるかどうかがポイントです。これらを良く見極めて下さい。

刑事事件弁護士費用は次の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。
刑事事件の弁護士費用の総額はどれくらい?