示談交渉一覧

刑事事件の被害者へ謝罪文の書き方

刑事事件の加害者になってしまった場合に、心から事件を犯してしまったことに対する反省を相手に伝えたいと考えることがあります。 示談と謝罪文 被害者と示談して損害を賠償することや謝罪文を書くことで、結果的には、告訴取り下げや不起訴、起訴された場合に量刑を軽くなり、有利に働く場合があります。私...

万引きで逮捕された!弁護士依頼で不起訴にするには?

万引きで逮捕されてしまった場合、弁護士に依頼をしてどのように不起訴を勝ち取っていくには、いくつかやらなければならない事があります。 万引きが不起訴になる可能性 嘆願書 起訴されるかされないかはとても大切です。もし起訴されてしまうと日本の裁判ではほぼ有罪になる確率が高いからです。そこで何...

示談で弁護士ではない知人を代理人にする事はできるか?

弁護士でなくても、刑事事件の示談交渉はできるか? 最近、弁護士が主役の犯罪ドラマが多いです。物語の中で、弁護士が、犯罪の被害者と示談の交渉をしているシーンがよく見られます。これは弁護士でなければいけないのでしょうか?弁護士でない人が加害者の代理人になれるのでしょうか?いつものように、法律に詳しい伯...

痴漢で逮捕されても不起訴になれば前科はつかない?

勘違いをしている人が多いのですが、逮捕されることが前科持ちになるというわけではないと聞いたことがあります。本当にそうなのでしょうか?解説します。 逮捕=前科ではない! 確かに逮捕されるのは一般の人にとって重大事件になりますが、逮捕されてもそれがそのまま犯罪者になって前科がつくというわけで...

示談を断って相手が有罪になったら仕返しが怖い。示談に応じるべき?

刑事事件の加害者から示談の申し入れがあったとき、本当は、厳しい処罰を受けてほしいけれど、仕返しされるのではと思うと、示談に応じた方がいいのかな……こんな風に悩んでいる人は多いのではないかと思います。今回もまた、伯父に聞いてみました。 刑事事件の示談に応じるべきか否かの判断基準はない 刑事事件...