刑事事件弁護士一覧

児童ポルノの単純所持で逮捕!人知れず解決するなら弁護士相談

近年、児童ポルノに関する法律が改定され、PCやスマホのフォルダの中に児童ポルノ画像や動画が入っているだけ(単純所持)で逮捕される時代です。逮捕されて仕事を失いたくない。社会や家族、友人に知られたなくないと悩んでいる方に向けて、解決方法を解説いたします。

横領罪での弁護士が行う弁護活動の内容とは

横領と刑事事件 刑事事件として立件されるケースで多いのは横領罪です。 経営者が会社の資金の一部を私的に流用したり、ある程度の規模の会社であれば会計担当者が帳簿を不正に操作して会社の資金を個人的に使い込むようなケースなどが該当します。 会計担当者が会社の資金を流用する事例で多いのは長...

人身事故と弁護士と刑事事件の関係

人身事故は車両対車両が衝突して怪我をし警察に届けでを出した際に人身事故となります。それ以外にも車両と人が衝突した際、双方、若しくはどちらかに怪我をおわせてしまったりすれば人身事故となります。 人身事故となれば刑事事件として扱われ、行政処分、刑事処分等の対象となり重大な過失や相手に重症を負わ...

傷害事件を起こした場合に弁護士に依頼するメリット及び刑事事件への影響

傷害事件とは? 傷害事件とは、刑法第204条以下に規定されている傷害罪の構成要件に該当すると思われる行為をおこなった場合のことをいいます。 具体的には人を暴行して結果として、擦過傷などの傷を負わしてしまった場合のほかに精神的に追い込んでノイローゼにしてしまうような事案も考えられます。 ...

万引きで逮捕された!弁護士依頼で不起訴にするには?

万引きで逮捕されてしまった場合、弁護士に依頼をしてどのように不起訴を勝ち取っていくには、いくつかやらなければならない事があります。 万引きが不起訴になる可能性 嘆願書 起訴されるかされないかはとても大切です。もし起訴されてしまうと日本の裁判ではほぼ有罪になる確率が高いからです。そこで何...

少年事件と刑事弁護士

少年法 20歳未満の人間は法律用語で少年に分類されるため、20歳未満の人間が犯罪を犯した場合は基本的に少年法が適用されることになっています。少年が起こした犯罪は、通常の犯罪とは異なる独自の処分が行われることになっています。 それは年齢が若いことから、更生の余地があると判断されていることも...