基礎知識一覧

禁錮と懲役の違い。刑の重さや生活はどう違う?

禁錮と懲役の違い 刑事裁判で下される判決には生命刑、自由刑、財産刑の3種類があります。日本における生命刑とはそれすなわち死刑のことで、罪を犯したものの生命を奪う刑罰のことです。極刑といった婉曲的な言い方がなされる時もあります。財産刑とは有罪となった人の財物や金銭を奪う刑で、お金を奪う罰金や科料...

書類送検とは何か?逮捕との違いは何?

芸能ニュースなどで、よく「書類送検された」という言葉を聞くことがあります。一方で、似たような事件であっても「逮捕された」と報道されることもあります。書類送検とは一体どういうもので、逮捕とどのような違いがあるのでしょうか。 送検とは? まず送検とは、刑事事件に関する権限と責任が、警察から検...

刑事事件になった場合、詐欺でとられたお金は返してもらえる?

詐欺に遭った、騙されたということがわかれば、通常は警察に被害届を出すのが一般的です。 犯人の逮捕に至れば被害者にその旨報告があり、そのまま刑事事件として扱われることになります。まずは取り調べを受け、裁判で裁かれるという流れに進んでいきます。 犯人が捕まったことで安心したいところですが...

刑事事件の示談書の効果・書き方は?書式と雛形付きで刑事事件示談を解説!

刑事事件で逮捕された際、釈放・不起訴となるためには示談が必要不可欠になります。 示談の際に作成する示談書ですが、どのような書式で書けばいいのでしょうか。また、示談書によりどのような効果があるのでしょうか。 以下においては、刑事事件における示談の意義、示談書の意義、示談書の書式(雛...

刑事事件の被害者へ謝罪文の書き方~最も重要な1つのこと

刑事事件の加害者になってしまった場合に、心から事件を犯してしまったことに対する反省を相手に伝えたいと考えることがあります。 謝罪文を書く上で最も重要な1つのこと 「この謝罪文を読んでいただいた時、相手がどのよう感じるか?」 という被害者視点に立って書く 相手の立場...

執行猶予とは?

実刑と執行猶予 何らかの犯罪を犯して有罪判決を受けた場合であっても、実刑ではなく執行猶予が付くことで投獄を免れられる可能性があります。 執行猶予とは 執行猶予とは、裁判所などの判決で禁固何年と刑を言い渡された者が、一年や二年といった定められた一定の期間の間に刑事事件を起こさずに済めば、その...

刑事事件と民事事件の違いとは

刑事事件と民事事件はどこがどう違う? テレビや新聞のほか、日常的な会話の中にも「刑事事件」、「民事事件」という言葉はよく登場します。なじみのある言葉ですが、事件の当事者や争われる内容はまったく異なります。実はその違いをはっきりとは説明できない、という方も多いではないでしょうか。 そこで、民事...

示談で弁護士ではない知人を代理人にする事はできるか?

最近、弁護士が主役の犯罪ドラマが多いです。物語の中で、弁護士が、犯罪の被害者と示談の交渉をしているシーンがよく見られます。 これは弁護士でなければいけないのでしょうか?弁護士でない人が加害者の代理人になれるのでしょうか?いつものように、法律に詳しい伯父に聞いてみました。 刑事事件の示談交渉は...

資産があっても国選弁護人をつけることはできる?

国選弁護制度は、お金がない人のためだけの制度ではない! 国選弁護人は、お金がない人が、国費で弁護士をつけてもらう制度だと思っていませんか?違うのです。法曹界に詳しい伯父から聞いたところ、資産・資力がある人でも、国選弁護人に弁護してもらうことができるというのです。 資産の有無で国選弁護人の選任...

示談拒否や示談しないで相手の仕返しが怖い!示談に応じるべきか?【被害者向け】

刑事事件の加害者から示談の申し入れがあったとき、本当は、厳しい処罰を受けてほしいけれど、仕返しされるのではと思うと、示談に応じた方がいいのかな……こんな風に悩んでいる人は多いのではないかと思います。今回もまた、伯父に聞いてみました。 この記事を読んでわかること  刑事事件は示談拒否しても...