2017年10月一覧

刑事事件弁護士に依頼するメリット

刑事事件弁護士の役割 刑事事件に発展した場合、被疑者、被告人となってしまうと色々な権利が制約されることになります。勾留されれば、仮に自らが無実であることを証明したくても、なかなかそうしたアクションをとることができなくなります。 こうした場合、代わりに動いてくれるのが弁護士です。公判で被告...

少年事件と刑事弁護士

少年法 20歳未満の人間は法律用語で少年に分類されるため、20歳未満の人間が犯罪を犯した場合は基本的に少年法が適用されることになっています。少年が起こした犯罪は、通常の犯罪とは異なる独自の処分が行われることになっています。 それは年齢が若いことから、更生の余地があると判断されていることも...

執行猶予とは?

実刑と執行猶予 何らかの犯罪を犯して有罪判決を受けた場合であっても、実刑ではなく執行猶予が付くことで投獄を免れられる可能性があります。 執行猶予とは 執行猶予とは、裁判所などの判決で禁固何年と刑を言い渡された者が、一年や二年といった定められた一定の期間の間に刑事事件を起こさずに済めば、その...

刑事事件の弁護士費用の相場は

刑事事件の弁護士費用の相場は民事事件より高めで、正式に委任契約を結んだ時点で支払う着手金の約40万円と、成功報酬の同じく40万円ぐらいの合計80万円が相場となっています。弁護士費用相場を解説します。

示談金はどれぐらい?盗撮された場合の示談!

スマホ盗撮は犯罪 今ではスマートフォンや携帯ゲーム機など、さまざまな機器にカメラが搭載されています。またペン型やメガネ型のように小型で高性能なカメラも増えました。それに伴って、盗撮の被害も以前より増加しています。女性の後ろに立ってスカートの中を撮影したり、トイレに仕掛けて撮影したりするなど、さ...

痴漢の疑いでつかまってしまったら示談金を支払って示談を成立

痴漢事件 最近では痴漢のえん罪も増えているといわれています。しかし、一度捕まってしまったら有罪になる確率が非常に高くなりますので、不起訴処分を勝ち取るために早めに動くのも一つの方法です。 捕まった後に「やっていない」と闘った人もいますが、会社を負われ家族とも離れ離れになるケースが多いのが...